眼精疲労サプリの代わりにお茶はアリか?

お茶による眼精疲労対策もアリです。
メグスクリノキのお茶、クコの実のお茶などには、カテキンやゼア
キサンチンが含まれている為、目に良い効果が期待できます。

 

メグスリノキのお茶⇒
クコの実のお茶⇒

 

お茶って眼精疲労に効くの?

 

ただのお茶では効果薄いですが、目に良いとされる成分が入ってい
るお茶ならば効果は期待できます。

 

例えばメグスリノキにはカテキン(抗菌、抗酸化作用)、クコの実
のお茶ならゼアキサンチン(抗酸化作用)が含まれています。

 

特に抗酸化作用の成分は眼精疲労サプリにも良く配合されているも
のです。

 

抗酸化作用があると、細胞を傷つける活性酸素から血管などを保護
する効果が期待できます。

 

血管が傷つくのを防ぐということは、血管組織の健康さ維持、老化
を防ぐということにもつながり、ひいては眼精疲労対策にもなりえ
ます。

 

ただのお茶では効果は心元無いので上記の成分が含まれたお茶(メ
グスリノキ、クコの実など)を選ぶようにしましょう。

 

お茶ならリラックス効果もある

 

お茶ということで飲むと気分転換に、あるいはリラックスした気分
になります。

 

リラックスしていると血行が良くなります。

 

血行が良いと目、目周辺の筋肉や組織に酸素や栄養素が良く行き届
きます。

 

また肩こりや首のコリが緩和されることもあるでしょう。

 

つまりリラックス効果もあるので、お茶による眼精疲労対策の効果
はあなどれません。

 

サプリとどっちが良いか?

 

もしあなたがサプリが嫌いならお茶で対策する方が良いということ
になります。

 

ただやはりサプリだと成分そのものがたっぷり入っているので、成
分の摂取と言う面ではサプリの方が有利かと思われます。

 

とは言えお茶ならではのリラックス効果もありますし、お茶も捨て
がたいものがあります。

 

お茶の方が気持ち的にも継続しやすいですし。

 

サプリならしばらくすると面倒になって飲まなくなる恐れもありま
すが、お茶なら習慣にしてしまえば何年でも続けることもできます。

 

お茶に含まれるカテキンの嬉しい効果とは?

 

カテキンには抗酸化作用の他にも嬉しい効果があります。

 

1)肥満を予防する効果
LDLコレステロールや中性脂肪値の上昇を防ぐ効果があると言われ
ています。

 

太りすぎるのを防いだり、生活習慣病を防ぐ効果が期待できます。

 

2)抗菌効果
カテキンは強い抗菌作用を持つことでも有名です。
抗菌作用により腹痛、食中毒を防いだり、あるいは口臭を予防する
効果も期待できます。

 

このようにお茶に含まれるカテキンには嬉しい効果があるためこの
点サプリよりも優れていると言えます。

 

まとめ
お茶にも眼精疲労サプリに配合されている成分が入っているため眼
精疲労対策として使える。

 

お茶に含まれるカテキンには目以外にも嬉しい効果が期待できる。

 

お茶はリラックス効果もあるし、継続もしやすいのでおすすめであ
る。

 

眼精疲労対策としておすすめのお茶の種類としては、メグスリノキ、
クコの実があげられる。

 

メグスリノキのお茶⇒
クコの実のお茶⇒

 

メグスリノキの成分が入った眼精疲労用サプリ⇒