眼精疲労 サプリメント

眼精疲労対策に漢方はありか?

眼精疲労対策に漢方はありか?

東洋医学をどうとらえるかで見解は個人ずつ異なって
くるでしょうが、漢方は古来から使われているもので現代まで残っ
ているものですから、効果も全くないものではないでしょう。実際
漢方で眼精疲労が楽になったという方もいます。

 

原料は全て自然に生息するものですから、人工的な化学物質による
副作用の心配がありません。

 

副作用なく眼精疲労が治るならそれに越したことはありません。

 

漢方を飲むことによって目だけでなく胃腸の調子までよくなったと
いう方もいますし、体質に合えば悪くない眼精疲労対策と言えます。

 

漢方の考え方

 

漢方では「気」「血」「水」のバランスをよくすることを目的とし
ます。

 

「気」はエネルギーのようなもので、「血」は文字通り血液という
認識で良いかと思われます。
水は血液以外の体液を意味しています。

 

3つのうちどれかが滞っていても健康ではないというのが漢方の基
本的な考え方で、3つのバランスをとるために生薬を調合、処方し
ていきます。

 

漢方用語簡易解説

 

漢方の概念はなかなか難解です。

 

細かく話すと分かりにくくなるので簡略して解説します。

 

五臓…大体どの器官のことを指しているかのイメージを掴んでくだ
さい。

 

肝-肝臓周辺のこと
心-心臓、小腸周辺のこと
脾-胃周辺のこと
肺-肺、大腸のこと
腎-生殖器、膀胱のこと

 

虚実…虚は体力、気力が少ない状態。
   実は症状が充満している状態。
表裏…表は体の表面のこと。
   裏は体の中、奥のこと。
陰陽…陰は寒気を表す。
   陽は熱気を表す。

 

漢方による眼精疲労の捉え方

 

眼精疲労は漢方では「肝血虚」、「肝腎陰虚」などであると捉えま
す。

 

用語が理解できていればなんとなくイメージできます。

 

「肝血虚」なら、肝臓周辺の血が少ない…といった状態がイメージ
できればOK。

 

漢方の注意点

 

症状を正確に見極める

 

漢方は病者(病気)の症状を正確に見極めて処方されなければ効果
は期待できません。

 

これから漢方を始めようとしている方は漢方薬局や医師によく相談
しましょう。

 

漢方は高い

漢方薬局で買うとなると月に1〜2万円かかるということも珍しくあ
りません。

 

病院などで保険適用で処方してもらうと、安く手に入りますが、医
師によっては保険適用外のものの処方を勧めてくるかもしれません。

 

漢方を試したい方はある程度の費用がかかることは覚悟しておいた
方がよいでしょう。

 

通販で買える眼精疲労向けの漢方はコレ
漢方薬局や病院まではいきたくない、漢方がどんなものか少し試し
たい…という方には通販で漢方を買うという選択肢もあります。

 

漢方は症状に合ったものを飲まなければ効果は期待できませんが、
次に紹介するものは眼精疲労向けに調合されたものなので、眼精疲
労の方が飲めば大きく外れないとは思われます。

 

どうしても病院に行くなどしたくない方はどうぞ。
楽天で買えます。

 

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

 

まとめ

 

眼精疲労対策に漢方、というのも悪くありません。
漢方には体質改善の意味もありますし、飲んでいるうちに体の調子
まで良くなる、ということも期待できます。

 

漢方は症状に合った物を処方してもらわなければ効果は期待できま
せんが、少し試したい方は通販でも買えることは買えます。

 

初回980円からの眼精疲労サプリメント⇒総合型眼精疲労サプリメント「めなり」の解説