眼精疲労 サプリメント

遠視は目が疲れる

遠視は目が疲れる

遠視の場合網膜の後ろにピントがあっている、という状態です。
遠くも見えるからいいのでは?と思うかもしれませんがこの状態だ
と近いものを見る時も遠くのものを見る時もピント調整が必要で、
疲労がたまりやすいです。。

 

要は遠視だととても”目が疲れる”

 

ピント調整をする時は毛様体筋が働きますが、遠視の人の場合近く
のものを見ている時も遠くを見ている時も頻繁に毛様体筋を使うの
で、近視の人と比べても目が疲れやすい傾向にあります。

 

近視の人の場合は近くのものを見る為に毛様体筋を縮めます。

 

縮めて疲れたなら、遠くを見る(毛様体筋を緩める)と目の疲れが
取れます。

 

遠視で疲れるとこうはいきません。

 

とにもかくにも遠視の方は目が疲れやすいので、疲れを軽減するも
のが欲しいところです。

 

遠視にはどのような栄養が良いのか?

 

遠視の方は毛様体筋を酷使するということで、毛様体筋に良い栄養
素、ビタミンの摂取は必須ですね。

 

ビタミンは神経の働きを正常、スムーズにする作用があります。
遠視の方がまずはとりたい栄養素です。

目にはブルーベリーが良いと言われているが?

ブルーベリーが目に良いと言われるのはアントシアニンという成分
が入っているからです。

 

アントシアニンは光の情報処理をしているロドプシンの働きをサ
ポートします。

 

光の情報をスムーズに処理できればそもそも毛様体筋が頻繁に働く
必要がなくなりますよね。

 

アントシアンンを摂ることで毛様体筋の負担を減らすことが期待で
きます。

 

あと目を酷使しがちな遠視の方なら、ポリフェノールを摂取するの
も良いかと思われます。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があります。

 

活性酸素に対抗するという効果ですね。

 

活性酸素は細胞の組織を傷つけるのですが、活性酸素はストレスを
感じた時に発生します。

 

頻繁なピント調整も体はストレスを感じると想定されるので、
頻繁にピント調整をする遠視の方は無意識にでもストレスを感じて
いるはずです。

 

となるとやはり遠視の方はポリフェノールを摂取しておいた方が良
いと言えますね。

 

遠視の方におすすめの栄養成分

 

各種ビタミン
アントシアニン
ポリフェーノール

 

幅広いビタミン、アントシアニン、ポリフェノールが配合されたサ
プリメントは⇒総合型眼精疲労サプリメント「めなり」の解説