眼精疲労におすすめのサプリを紹介しています

眼精疲労とコンタクト

コンタクト使用者は眼精疲労サプリを使った方が良い理由とは?

コンタクトレンズ使用時は涙が蒸発しやすくドライアイを発症しやすいです。
もともと体にないものを装着している為目に思わぬ負担が掛かっていることが
あります。負担は眼精疲労のもととなり長期間眼精疲労が続くと視力低下
なども招きかねません。目の健康のためにもサプリメントなどでケアしておきま
しょう。

 

近年ではコンタクトレンズは広く普及していますが、コンタクトレンズは注意して使わないと
ドライアイや眼精疲労を招く危険もあります。

 

コンタクトレンズを装着すると涙がコンタクト上に移動します。この涙は空気に触れる面積が
多い分とても蒸発しやすくなっています。

 

したがってコンタクトをすると目が乾く、と訴える人が多いのです。いわゆるドライアイですね。
ドライアイだと酸素の供給面から見ても目には良くないですね。涙には酸素も含まれますから。

 

さらにドライアイに対処するために目は涙を多く出そうとしたり、まばたきの回数を多くしようとして
負担がかかっています。そして眼精疲労へとつながります。

 

そもそもコンタクトはもともと目にはないものです。もともとないものなので目には異物です。
異物を装着するわけで、それだけでも目には負担となっていることでしょう。

 

コンタクトは眼精疲労につながることが多いです。

 

サプリメントで総合的なアイケアをする

 

コンタクトをしていると眼精疲労になりやすいわけですが、
方っておくとさらに悪化するので何らかの対策は必要です。

 

対策としては目薬は即効性がありコンタクト使用者にもおすすめです。

 

疲れ目に効くものやドライアイに効くものなども選べますし。

 

ならずっと目薬を使えば良いのではと思うのですが、目薬は一時しのぎの感がありますね。

 

目薬を指すのを止めれば眼精疲労やドライアイの症状が出てくるのは容易に想像がつきます。

 

目薬では根本的な解決には至りません。

 

コンタクトの使用しないのがベストですが、やむを得ずコンタクトを使わざるをえないということもあるでしょう。

 

となると目の為にできることとなればサプリメントを摂取して目の健康を維持するといったことを
する必要がでてきます。

 

涙を出す、ピント調節などには多くの神経が関与しています。

 

眼精疲労サプリには神経の働きを正常にするビタミンも含まれています。
血液サラサラ成分DHAが入ったものなどもあります。血液のサラサラ度は
栄養供給、酸素供給の面からもとても重要です。

 

このような成分が入ったものを継続して飲んでいれば、目へのダメージ、負担に対する耐性の向上が期待
できます。

 

とかくコンタクトの使用は目へ負担がかかるのでこういったサプリなどで目の健康さを維持したいところです。

 

眼精疲労サプリには目や目の働きに良いとされる成分がひとまとめに配合されています。

 

まとめ

 

コンタクトは目への負担が大きく眼精疲労へとつながりやすいものと言えます。
したがってやむをえずコンタクトを装着する方はサプリメントの栄養などで目を少しでも
健康にしておきたいところです。

 

眼精疲労のサプリにはビタミンやDHAなど目に栄養や酸素を供給する働きをサポートする
成分が配合されていますし、コンタクト使用者ならひとつはあっても損はありません。

 

目に関与する神経が正常に働けばコンタクト使用者に起こりがちなドライアイの症状も緩和
が期待できます。

 

眼精疲労サプリは体の内面から目の健康をサポートするのでコンタクト使用者なら飲んでおいた
方が良いです。

 

ーーーーーーー
眼精疲労の方はコンタクトよりメガネの方がおすすめ

 

メガネは衛生的で安全で涙の量を変化させません。
また眼精疲労の原因となるブルーライトをカットするものもあるので
目の健康を考える方、眼精疲労の方にはメガネがおすすめです。

 

メガネの方がおすすめな理由

 

1 安全
コンタクトは装着時、脱着時に目を傷つけてしまうことがあります。
目への物理的なダメージは視力が大幅に低下することもあり危険です。
ボールがぶつかるなどの時にもコンタクトだと目表面でガラスが割れるなど
心配です。

 

メガネなら装着時など目を傷つけることはほぼありません。余程注意を怠らなければ。
また、目は反射神経が鋭いためボースがメガネにぶつかった時でもまぶたが素早く閉じて
、大きなダメージを防ぐことが多いです。

 

安全性はメガネの方が良いですね。

 

2 清潔

 

コンタクトは手に触れるて装着します。手に細菌がついていた場合目が炎症を起こすことがあります。
メガネはたとえ手に細菌がついていたとしても、レンズが直接目に触れるわけではないので細菌が目に
入って炎症を起こすということも稀です。

 

目は繊細な器官です。清潔さにも注意したい。

 

3 ドライアイになりにくい

 

ソフトのコンタクトの場合、涙がコンタクト上に薄く広がります。薄い涙の層が広く空気と触れるため
とても渇きやすいです。涙が乾くとドライアイの症状となります。

 

最近では酸素透過度が良いものもありますが、裸眼時と同等の酸素供給にはならないでしょう。

 

メガネは目になにかするわけではないので涙の量が劇的に少なくなるといったことはありません。
ドライアイで悩んでいる、ドライアイになりたくなり方はメガネの方が良いです。

 

4 目的に合わせやすい

 

メガネは着脱が容易です。目を休ませたくなった時も対応しやすい。
ちょっとした休憩時間でもメガネを外して遠くを見るなども簡単です。

 

コンタクトではこうはいきません。手に触れると汚れたりしますし。

 

またメガネにはブルーライトをカットするものもあります。
パソコン作業をする前にはブルーライトをカットするものに変える、といったこともメガネならでは
といったところです。

 

スポーツ時にはしっかり固定できるようにするなどもできますし。

 

メガネはとにかく目的や用途に合わせやすいです。
目的や用途に合わせやすいというのは目の負担も軽減しやすいということです。

 

ということは眼精疲労の方や目の健康を考える方にはメガネやはりおすすめ、となります。

 

まとめ

 

コンタクトは外見を変化させないのが利点ですが、やはり目の健康のことを考えると心配な面も多い
です。

 

メガネの方が安全で清潔でおすすめできます。装着によって涙が乾きやすくなりドライアイになる
といったこともありません。デザイン性の高いメガネもありますし、ファッション性の面でもコンタクトに
劣るとは言えません。

 

メガネなら眼球に触れないという点で安全ですし清潔です。
脱着も容易で目が疲れたと思えばメガネを外して目を休めることもできます。

 

 

酸素の供給の面から言ってもメガネの方がコンタクトより有利です。
ぴったり瞳に張り付いているコンタクトは目への酸素供給を妨げるので眼精疲労の方には不向きな
ものと言えます。

 

 

眼精疲労を治そうとしている時期や眼精疲労の症状が強く出ている時はコンタクトは控えるように
した方が良いです。

 

安全さ、清潔さ、酸素供給を考えるとやはりメガネにしておくほうが良いです。

 

眼精疲労やドライアイ治そうとしている時はメガネ一択とまで言えます。

 

 

酸素や栄養を行きわたらせるには血液がサラサラであることが重要。血液サラサラ成分DHA、EPAが
配合されている眼精疲労サプリメントは⇒アスタブライト

 

 

眼精疲労サプリメントランキングこちら(トップページ)