眼精疲労 サプリメント ランキング

眼精疲労サプリメントで労災対策?

眼精疲労サプリメントで労災対策?

眼精疲労の労災が起こる前に対策をしておきたいところです。
ブルーライトをカットするメガネ、モニターに貼るカバー、
サプリメントなどが効果的かと思われます。

 

自分で用意するのが確実です。目を傷めてしまったら回復は簡単で
はありません。

 

従業員に眼精疲労グッズを配るのも良いことだと思います。
労災が起こる前にサプリメントの摂取などで目をケアしておくのは
重要です。

 

>>安い眼精疲労サプリメントランキング

 

■眼精疲労が労災と認定された例があります。
業務でコンピュータ作業をしていた女性が目の異常を感じ病院で
診察を受けたところ眼精疲労等の診断されました。

 

労働基準局に労災申請をしたところ、業務との因果関係が認められ
労災認定されました。

 

かなり稀なケースですが、眼精疲労が労災と認定されることもある
という例ですね。5日分計3万円の療養、休業補償給付が支給され
たそうです。

 

眼精疲労の場合、労災と認定されれば治療費の返還や休業補償もあ
りますが、あまり嬉しいものとは言えません。

 

もともと治療費は実費ですしそれが戻ってきたとしても別にお金が
増えるわけではありません。

 

数万円の治療費を返還してもらう為に労災申請し、会社とぎくしゃ
くしするのです。

 

労力も時間もかかる割にとりたたてメリットがあるというわけでも
ありません。

 

なにより、傷んだ目を回復させるのは容易ではありません。
視力が大幅に下がったあとで、わずかなお金が入ってきたとしても
なにも嬉しくないでしょう。

 

労災に発展する前に自衛に注力した方が良いかと思われます。

 

例えば会社と掛け合って作業環境や作業時間を改善してもらう、な
どですね。

 

少し交渉するくらいなら会社との関係もこじれません。

 

労災となると会社ともめる場合もありますからね。

 

面倒な状況にならない為にも日ごろから目の健康には気を配りたい
ところです。

 

VDT作業が多い方なら、ブルーライトをカットするメガネなどがお
すすめです。

 

ブルーライトは目の網膜にまで達して目に負担を与えるからです。
プルーライトをカットできるのは目にとって良いことです。

 

作業時は姿勢を正して行うと目への負担、肩、腕などの負担軽減に
もなります。

 

もちろん目の休憩を1時間に1回は入れることも忘れてはいけません。

 

目に良いとされるブルーベリーなどを意識して摂るようにするのも
良いでしょう。

 

ブルーベリーには視覚情報の処理を助ける成分アントシアニンも入
っています。

 

これだけでも目の負担が大きく減少することでしょう。

 

まとめ

眼精疲労は労災と認定されることがある。
しかし労力や、会社との関係、目の健康回復の難しさを考えると
労災申請はあまりおすすめできない。

 

労災にまで発展する前に何かしらの対策はしておくべき。

 

作業環境、作業時間の改善、眼精疲労対策のグッズの使用などです


経営者や責任者の方なら簡単な眼精疲労対策グッズを従業員に配る
のも良いかもしれません。労災が発生したら会社の信用にもかかわ
りますし。

 

視覚情報の処理をサポートするアントシアニン、ブルーライトを吸
収するルテインが入った眼精疲労のサプリメント⇒ビルベリー&ルテイン配合サプリ【めなり】

 

激安の眼精疲労サプリメント⇒安い眼精疲労サプリメントランキング

 

ブルーライトをカットするメガネ⇒JINS
ブルーライトをカットするモニターフィルム↓

サンワサプライ 15.6型ワイド対応ブルーライトカット液晶保護フィルム LCD-156WBC