眼精疲労 サプリメント ランキング

眼精疲労サプリメントはVDT症候群の方に必須な理由

眼精疲労サプリメントはVDT症候群の方に必須な理由

眼精疲労サプリメントには、パソコンなどのディスプ
レイから出されるブルーライトを遮断・吸収する成分
「ルテイン」が配合されているのでおすすめです。

 

ルテインが多く入ったデスクワーク用のサプリ⇒【デスクラーク】

 

VDT症候群って?

 

VDT症候群とはコンピュターのディスプレイを長時間見続けることで
目や心身へ影響が出る病気のことです。

 

もっとも多いのが目の疲れ、痛み(眼精疲労)ですね。

 

目以外にも影響がでます。
腕や肩の痛み、指の痛みといった体への影響の他、イライラ感や、
抑うつ感、不安感といった心理的な面での影響もあります。

 

VDT症候群の原因

 

大きな原因はディスプレイ表示機を使う作業を長時間することですが、
細かく原因を見ると、

 

1 ディスプレイの明るさが不適
2 作業機器の設置が不適
3 作業環境の明るさが不適
4 休憩の不足
5 姿勢の悪さ
6 ブルーライト

 

などが挙げられます。

 

VDT症候群の対策

 

1 ディスプレイの明るさを適切にする

 

画面の明るさが明るすぎても暗すぎても、周囲と明暗さが生じ目
には負担がかかります。

 

自分の目が心地よいと感じる明るさを見つけます。

 

 

 

2 画面は目線より少し下に設置してあるのが望ましいです。
上を見る時はまぶたが大きく開き涙が蒸発しやすくなります。

 

またまぶたを持ち上げる分目周面の筋肉、神経にも負担がかかります。

 

また外光が直接画面に映り込まないように配置します。

 

正面を向いたときの目線より少し下がった位置に画面があるのがベストです。
画面と目の距離は40cmはとるようにします。

 

キーボードの適切な位置は、画面の中央と「G」と「H」の間が一致するような
配置がベストです。

 

マウスはキーボートと近づけて使うのが適切です。

 

 

3 作業環境の明るさを適切にする

 


特殊な環境での作業の場合は注意が必要です。

 

作業環境の明るさはもっとも重要です。
もともとの環境が悪いのでは画面の設定などしてもどうにもなりませんからね。

 

明るすぎたり暗すぎたりする場合は責任者に相談するなどして可能な限り改善
してもらいましょう。室内の明るさの基準を定めた法律(労働安全衛生法)もあ
ります。

 

明るさ基準がない特殊な環境で作業する場合などは、VDT症候群にならない
為にも自分でも適切な明るさを意識して取り入れるする必要があります。

 

通常の室内だと基準もありあまり心配は要りませんが、特殊な環境下(例えば
工場の冷蔵庫内でのノートPCを使った作業など)だとVDT作業をする明るさが
不十分な場合があります。最悪の場合自分で光源を用意した方が良いかもし
れません。

 

4 休憩をこまめにとる

 

1時間の作業に対して10分の休憩を入れるのが望ましいとされています。

 

集中して作業するのも重要ですが、2時間、3時間とディスプレイを眺めていては
目に大きな負担がかかります。眼精疲労になって作業効率が落ちたら元も子も
ないので休憩も義務としてしっかり目を休ませましょう。

 

休憩の間に目の体操や遠くを見るなどするのがおすすめです。
アイマスクも良いですね。

 

5 姿勢を意識する

 

姿勢が悪いと腕や肩や首などに痛みがでる場合があります。
筋肉を不自然に使うからですね。仕事中にシップなど張らなくても
良いようにしたいものです。

 

姿勢によってピントを合わせるのも目には良くありません。
ピント調整の低下による視力低下の危険性もあります。

 

イスに深く掛けリラックスして作業するようにしましょう。

 

姿勢が悪いと呼吸も浅くなり、血液循環の面でも良くありません。

 

6 ブルーライト対策をする

 

パソコンの画面からはブルーライトと呼ばれる光が出ています。

 

ブルーライトはエネルギーが大きく網膜まで達しダメージを与えます。
長時間ブルーライトを浴びる事での目の負担は大きく、眼精疲労、VDT症候
群を引き起こす大きな原因となります。

 

ブルーライトは画面設定でもある程度できます。
また、ブルーライトをカットするカバーや、メガネを使用するとVDT作業時の
大きなブルーライト対策になります。

 

まとめ

 

コンピューターの普及によってVDT症候群になる方は大きく増えました。

 

いっそコンピュターを使わなければ、というところですが現代の労働環境では
そうもいきません。

 

したがって各々が対策をとる必要があります。

 

室内の明るさなどは会社と相談しないと変えることもできませんが、個人でも
できるVDT症候群対策は多くあります。

 

色々な対策があるので、全部するのが望ましいですがまずは簡単にできるところ
からしていきましょう。

 

ブルーライトを吸収する成分「ルテイン」が配合されたサプリ⇒【デスクラーク】