眼精疲労 サプリメント ランキング

眼精疲労サプリvsロキソニン、バファリンなどの市販頭痛薬

眼精疲労サプリvsロキソニン、バファリンなどの市販頭痛薬

頭痛をすぐに抑えたい⇒バファリン、ロキソニンなどの市販頭痛薬

 

眼精疲労になりたくないよ⇒眼精疲労サプリメント

 

眼精疲労対策として市販の頭痛薬を使用される方も見えますね。
ロキソニン、バファリンがあれば眼精疲労のサプリメントなどは一見不要にも思えます。

 

今回は市販の頭痛薬と眼精疲労、眼精疲労サプリとの関連を考えていきたいと思います。

 

市販の頭痛薬は眼精疲労自体を治しているわけではない

 

バファリン、ロキソニンに代表される市販の頭痛薬、鎮痛剤ですが、これらは眼精疲労に作用して眼精疲労自体を治しているわけではありません。

 

頭痛に作用して、頭痛の症状を抑えているにすぎません。

 

すなわち、市販の頭痛薬は頭痛に対して効果があるのであって、眼精疲労は治していません。

 

頭痛薬は眼精疲労が原因の頭痛に対しては、一時しのぎの対策
ということです。

 

根本となる眼精疲労をなんとかしなければ、服用をやめるや頭痛は何度でも再発する可能性があります。

 

では眼精疲労サプリの方が良いのか?

 

眼精疲労サプリメントには目に良いとされる成分がふんだんに配合されており、継続すれば眼精疲労の症状を感じなくなるといったことも期待できます。

 

しかし眼精疲労サプリには欠点があってそれは即効性がないということです。

 

眼精疲労サプリは頭痛薬のように痛みを抑える成分は入っていませんし、あくまで健康食品なので効果も緩やかです(その分副作用はありません)。

 

頭が痛い、なんとかしよう。と思って眼精疲労サプリを飲んでもただちに効果はでないでしょう。

 

眼精疲労サプリは目の健康を維持するために使うもので、治癒を望むものではありません。

 

即効性を求めるならなんといっても市販の頭痛薬です。

 

では眼精疲労サプリメントはいらないのでは?

 

即効性がないとはいえ、眼精疲労サプリメントには視覚情報の処理をスムーズにする成分や、ブルーライトを吸収する成分が含まれているので、そもそも眼精疲労を感じにくくなるというのは期待して良いでしょう。

 

そうなれば、市販の頭痛薬が必要になる頻度も少なるのはないでしょうか。あるいはほとんど使わなくて良いようになることも期待できます。

 

で、結局眼精疲労サプリと市販の頭痛薬どっちが良いの?

 

目的によって決まります。

 

頭痛をすぐに抑えたい⇒バファリン、ロキソニンなどの市販頭痛薬

 

眼精疲労になりたくないよ⇒眼精疲労サプリメント

 

ということになります。

 

最近の眼精疲労サプリには学習能力UPなどで有名なDHAが
含まれているものもありあなどれません。ビタミンも摂れますし。

 

DHA、ビタミンが配合されている眼精疲労サプリメント⇒めなり