眼精疲労 サプリメント ランキング

眼精疲労におすすめの目薬は?目薬の選び方を解説

眼精疲労におすすめの目薬は?目薬の選び方を解説

眼精疲労におすすめの目薬といえばビタミンB6が配合されているも
のが良いでしょう。

 

ビタミンB6は神経系統の正常さを保つ効果があります。
したがって眼精疲労時はこのビタミンB6によって目が正常な状態に
なることが期待できます。

 

薬局などでも眼精疲労時にはビタミンB6が配合されたものを勧めら
れることが多く実際使った人も疲労感が取れるという声が多いです。

 

目薬には症状別にいくつもの製品が用意されています。

 

症状に合ったものを選ばないと思ったような効果がでないことがあ
ります。

 

ドライアイや充血している場合などはこのビタミンB6の目薬より良
いものもあります。

 

目薬を選ぶ際は用途をしっかり確認する必要があります。

 

眼精疲労とひとくちに言っても人によっては指している症状はまち
まちです。

 

涙量が少なくなるドライアイでも眼精疲労と言うかたもいますし
(ドライアイによって眼精疲労の症状はでるでしょうね)。

 

ドライアイならねばっとしたタイプのコンドロイチン酸ナトリウム
などが配合された目薬が良いとされています。

 

目が充血しているならグリチルリチン酸二カリウムが配合されてい
るものが良いですし、かすみ目などはネオスチグミンメチル硫酸や
ビタミンB12が配合されているものが良いでしょう。

 

コンタクトしているのならコンタクト用の目薬が良いのは
いうまでもありません。

 

このように眼精疲労における目薬選びは非常に多岐に渡るため、選
ぶのも難しいところです。

 

自分の眼精疲労の原因は何なのかしっかり見極めて症状にあったも
のを選ばなけれなりません。

 

間違ったものを選んでしまうかもしれませんので薬局などで専門家
に相談して選ぶのがベストです。

 

眼精疲労サプリは目のトラブルを抱えている人全般に効果的と思わ
れる成分が多く配合されています。

 

もし眼精疲労サプリが効いた場合、目薬を差す行為自体が減少する
かもしれません。

 

眼精疲労サプリには目だけでなく体の健康にも良いとされる成分も
入っています。

 

即効性はありませんが、継続していれば眼精疲労の症状が軽減し、
目薬が不要になる可能性もあります。

 

しかし手っ取り早く眼精疲労に対処するならやはり目薬が一番です。
一滴で目がリフレッシュするのは大きい。

 

自分の症状に合ったものをひとつ携帯して職場や車などに置いてお
くと安心ですね。

 

目薬の使い方、保管方法など

 

目薬は眼精疲労の大きな味方なわけですが、使用方法、保管方法に
注意点がいくつかあります。

 

まず目薬を使う前は手を清潔にしてから使います。
指が触れないように慎重に持ちます。

 

雑菌の侵入を防ぐためですね。
不潔な指が目薬容器の先端に触れないようにします。

 

目薬は1滴差せば十分なようです。
過剰に差しても目に刺激を与えますし、1滴で効果がでるように作
られているので何滴も差さなくてよいとのことです。

 

また使用後はしっかりキャップをしめて高温、直射日光を
避けて保管します。

 

これらの注意点を守ればより長く効果が期待できます。

 

目薬も安くはないですし大事に使っていきたいところです。