眼精疲労におすすめのサプリを紹介しています

眼精疲労を治す方法とは?

眼精疲労を治す方法とは?

眼精疲労を引き起こしている原因も踏まえて、改善していく方法を考えてみましょう。

 

眼精疲労の改善のためにできること

 

1 パソコン・スマートフォンの長時間の使用に注意する

 

仕事でパソコンを使用する場合はその時間を減らすのは中々難しいです。しかしプライベートでのパソコン・スマホの使用時間を減らすことは努力次第で可能です。

 

確かにパソコンやスマホを使っている間は楽しいですが、目への負担は少なくないので、最近目が疲れたり、目の不快感から頭痛がしたりする人は、パソコン・スマホの使用を極力減らしましょう。どうしても必要な時だけ使うようにするべきです。

 

2 ストレスを溜めない・ストレスを積極的に発散する

 

ストレスは血圧を上昇させ、血行を悪くしたりします。
血圧の上昇だけではなく視神経への刺激となり眼圧が上昇するといった影響も考えらます。

 

いずれにせよストレスは目への負担を高めるものなので、日ごろからストレスを溜めない、溜ってもすぐ発散する必要があります。

 

スポーツは特におすすめです。ストレス発散は勿論のこと、その他体全体の健康・機能の増進をサポートするものですし、結果的に目に良い影響をもたらすことが期待できます。

 

3 バランスの取れた食事

 

目も身体の一部で栄養の不足にもやはり影響を受けます。
目の健康を考える上で基本的な成分ではビタミン群やミネラル、カルシウム、セレンなどがあります。ホウレンソウやチーズ、トマトジュースを摂るなどいろいろありますが、結局バランスの良い食事を心がけていれば最低限必要な諸栄養素は摂取できます。

 

家の誰かが毎日食事を作ってくれている状況ならそこまで注意する事項ではありませんが、眼精疲労を感じていてなおかつ極端に悪い食生活をしていると心当たりがある方は食生活を見直しておきましょう。

 

即席のカップラーメン、スナック菓子のみでお腹を満たすという食生活をしている方は当然改める必要があります。

 

 

4 目に良いとされる成分を積極的に摂る

 

視覚機能の改善に効果があると言われるアントシアニン、紫外線を吸収すると言われているルテインなど少し特殊な栄養素もあります。

 

そういったものは通常の食事では十分に摂れていないことも考えられるので積極的に摂る必要と良いです。

 

ブルーベリなども目に良いと言われますが、なかなか普通の食事では出てきません。

 

普通の食事では摂れない栄養素はサプリメントなどで補うのもアリです。

 

5 作業時の姿勢に気をつける

 

目への負担を考える上で姿勢も見逃すことはできません。
パソコン使用時は前かがみになったり、画面に顔を近づけるなどの癖がついていないか注意する必要があります。

 

肩こりなどの症状も出てきますし、視力低下を招きます。
本来、ピント調整は目、視覚機能が行いますがそれを体で行ってしまうとやはり目への負担、ストレスになってしまいます。積み重なると眼精疲労の症状が出てくるので、日ごろからパソコン使用時の姿勢には充分注意しておくべきです。

 

またパソコンの使用だけではなく、スマートフォンの使用、新聞を読むとき、勉強するとき、読書するときの姿勢にも注意が必要です。

 

寝ながらスマートフォンを使用すれば、目のピント調整時に負担がかかるのはもちろん、光が不十分もしくは光が不規則に画面に入ることによる目の負担も大きいことが予想されます。

 

新聞や読書もしっかり光が採れる場所で、体にとっても目にとっても負担がかからないように読む習慣をつけて置くと目に良いです。

 

勉強時も正しい姿勢で行い目への負担は最小限に抑えたいところです。深刻な眼精疲労の症状がでると勉強にも支障がでて結果勉強時に注意が散漫になってしまうということも考えられます。

 

眼精疲労サプリメントランキングこちら(トップページ)